書けない人のための
TOPIKⅡ作文講座

 
 

 

 

 

 

書けない人のためのTOPIKⅡ作文講座(全10回)

この2冊の「おいしいとこ取り」をしました。

日本語で書く練習をした後、韓国語で書いていきます。

前田本をすでにやっている人にも有効です。

HOT本を必ず購入してください。(講座でやりきれない部分も自分でできます。自習としてHOT本をやっていただくことで本当の力がついていきます。)

全10回(期限6か月)

10回分提出して添削を受けるだけでも大きな自信につながると思います。どうしても作文が書けない人は、まず日本語から書くところから出発しませんか? それが前田本の趣旨です。

すでにある程度書ける人も、HOT本をやり進めることによって、安定した力がついていきます。

中級・高級一体型

 

<講座料金>

通信添削のみ 54,000円(税込み) 

セット価格 (少しお得です。書籍はミレから教材と一緒にお送りします。)

  +前田本 55,800円(少しお得です)

  +HOT本 56,300円(少しお得です)

  +前田本 +HOT本 58,000円(少しお得です)

(10回分すべての一括送付はできません。)

(HOT本は、ハングルの森や教保などのサイトでも購入できます)

※初めての方は入会金10,800円が必要です。

 

<講座の特長>

、 日本語から発想する「映画を見るならDVDが良いか、映画が良いか」などのオリジナル意見文にも模範解答がつきます。 前田本の18~23ページに書かれている内容の韓作文です。意見文を書く基礎になります。

、毎回、タイプ1、2、3の3種類の作文の提出があります。(これだけでもお値打ちです)

、提出された作文を、ミレのネイティブスタッフが韓国語表現をチェックします。そして日本人スタッフが構成がきちんとできているか、結論は弱くないか、など、作文の構成にコメントします。(ミレならではのダブルチェック)

、前田本またはHOT本の中から表現の部分練習があります。(作文以前の基礎体力を付けます)

期限は6か月。

今から計画的に取り組めば、半年後には飛躍間違いなし。

外国語学習では、「書くこと」が一番後に来る最も難しい領域です。じっくり本腰を入れて、取り組みましょう。

作文は、通信添削にぴったりの学習内容です。

※ダブルチェックするので、ミレスタッフのキャパシティーを考えて人数限定にします。
10人限定です。

欠員が出たら(半年後になると思いますが)また募集します。

まずは、見本請求から。

 

TOPIK作文はどうして書けないのか 動画シリーズ

 
 
 

 

 

◆お申し込み◆ 見本請求もこちらから 

入金先

【ゆうちょ銀行】
   店名 418(よんいちはち)
   記号 14160
   普通 2913909(1)
    名義 マエダ タダヒコ

 【みずほ銀行】
   店名 梅田支店  
   普通  1391312
   名義 マエダ タダヒコ

 
     

ページの上部へ