ハンガンネット発足記念大阪フォーラム 

模擬授業 (2009年10月17日 於:大阪韓国文化院)

リスニングの力をつける魔法の方法をお教えしましょう。

フロアーにはスタッフも合わせて約90名の方がおられました。KBSのニュースを使った授業でした。

参加してくださった方,ありがとうございました。

 

<模 案>       授業者:前田真彦

ハンガンネット発足記念フォーラム       20091017

建国ランゲージセンター「通訳翻訳演習コース基礎」(韓国語能力試験5級程度の受講生を対象とする)の授業(90分)の後半を,そのまま再現し,市民講座(上級)の授業のありかたを考える。中上級学習者の力を伸ばすさまざまな学習活動を提案したい。

<時間> 40
<目標> それぞれの学習活動の意義を理解しながら活発に活動する

 

時間

学習活動

留意点

10

4色ディクテーション 方法の説明

 

用紙 ボールペンの配布

方法が理解できているか確認

答え合わせ ポイントの確認

発音の確認

10

ニュース後半のリスニング

テキパキと

10

シャドーイング

シャドーイングのポイント

スラッシュリーディング

スラッシュリーディングの意義を簡単に説明

クイックレスポンス

音声と文字両方

5

ペアで通訳練習

個別指導に回る

5

授業についての補足説明

 

 

<それぞれの学習活動>

4色ディクテーション」 

      聞き取れない箇所に集中して聞く。なぜ聞き取れなかったのか自己反省的に考える習慣を身に付ける。

「シャドーイング」    

      聞こえてきた音声のすぐあとについて発音する。音に対する反応をよくする。

「スラッシュリーディング」

       意味のかたまりを意識して,聞き取り発話する。意味のかたまりを頭の中に保持する。 

「クイックレスポンス」  

      単語に対する瞬発力を高める。韓国語―日本語の結びつきを強固にする。

「通訳練習」       

      韓国語⇔日本語の置き換えをスムーズに出来るようにする。


ホームに戻る